コンテンツへスキップ

発達障害と放課後デイサービス

 放課後や休日だからといって、発達障害をはじめとする障害を抱えた生徒・児童に対するケアのニーズがないわけではありません。早くも朝から、学習の手助けをしたり、メンタル面のケアに取り組んだりしている専門家がたくさんいます。

例えば聴覚に障害を抱えているお子さんであれば、就学前の教育が必要になるため、そうしたニーズは継続して見られます。また地域の中で孤立しがちな家庭であれば、交流の手本として、親切なお兄さん、お姉さんと過ごす経験が大切になります。大人と過ごす経験を積み、色々な活動に参加することが大切なのです。学校に通われているお子さんであれば、放課後デイサービスを利用するのも有効でしょう。ある程度の年齢になると、プレワーキングとして職業体験をすることも求められます。例えば中学生にもなれば、地域資源の活用方法を学んだり、地域の人をどのようにすれば助けられるのかを学んだりすることができます。地域の助けを得ることで、様々なスキルを獲得することができるので、是非積極的に参加するようにしてください。自己選択力を身に付けることも、障害の程度や種類にかかかわらず、地域で安心して共生するためには必須のスキルと言えます。一人で参加することに躊躇いを覚える人は、同年齢層の障害者と共に、活動するのもよいでしょう。そうすればさらに自己理解、他者理解が進むこと請け合いです。

自分の気持ちを表現するのが難しくても、それを助けてくれるツールを活用すれば認識を共有することは可能です。そうした理解を深めるために、学校と支援事業者との間で会議を定期的に開催することも大切ですし、デイサービス業者と学校との間で相互見学を実施するのもよいでしょう。