コンテンツへスキップ

アスペルガー症候群とは

「アスペルガー症候群」は、発達障害における自閉症の他に、いくつかの心の病と似通った「特性」をみせる事があります。その為、誤診を受けることも、しばしば報告されています。

「アスペルガー症候群と誤診される傷病例」
●統合失調症
●強迫性障害
どちらも、表面性だけを取り上げると、発達障害と似たような症状の要素があります。

「統合失調症」と「アスペルガー症候群」を比較してみます。
●【統合失調症】
・青年期に症状が現れる事が多い
・幻覚、幻想、妄想、幻聴があるのが特徴
・感情が乏しい
・投薬による治療が必要

●【アスペルガー症候群】
・幼少期から特性が現れる
・過去にあった出来事が、目の前で起っているような感覚がある
・感情の表現が苦手
・投薬による治療はできない

「強迫性障害」と「アスペルガー症候群」を比較してみます
●【強迫性障害】
・脅迫的に一定の行動を繰り返すようなこだわりが強い

●【アスペルガー症候群】
・同じ行動を繰り返す特性がある

発達障害の中でも、比較的、言語の遅れなどが見られないのがアスペルガー症候群です。一見、何も障害が無いように見えがちですが、社会的コミュニケーションに関する問題を抱えている人が多い事が特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です