コンテンツへスキップ

発達障害について

「発達障害」をもつ人々の社会的な受け皿を用意する取り組みが、世界各国で行われています。各国での「発達障害」へのアプローチは一律ではなく、その概念の元、様々な形式で取り行われています。発達障害は、手術や投薬によって治療できるものではありません。それぞれの「特性」への支援を適切に行う事が、重要な課題となっています。

世界各国の発達障害への支援状況

●【アメリカ合衆国】
発達障害への支援が、他各国より進んでいると言われています。
発達障害者が支援を受ける権利が確立されています。

●【イギリス】
発達障害者を研究する専門家が多いと言われています。
比較的、当事者への支援体制は整っているとされています。
幼児期~成人期においての、支援を受ける権利が保障されている。

●【デンマーク】【ノルウェー】
かつては、「健常児」と「障害児」を、統合して教育するスタイルが主流でありましたが、昨今、そのスタイルが見直されています。当事者への支援は厚く行われています。

●【オーストラリア】
発達障害をもつ子どもへの支援が比較的高い。
成人期への支援は、まだ、確立されたとは言いきれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です