コンテンツへスキップ

発達障害と家族の絆

発達障害をもつ家族と過ごすことは、通常の過程と比較すると手のかかる子どもと考えがちですが、本来、子どもを育てるとはそういった関係性の中で育っていくものなので、周囲の目や通例を重んじるのではなく、発達障害をもつ当人の状況に合わせ、柔軟な家族としての対応を心掛ける事が大切です。

幼児期、青年期、思春期、成人期と、子どもが成長を遂げるごとに、発育の遅れや、未熟さが目立ってくるかもしれませんが、発達障害をもつ当人にとっては、成人期を迎えたからといって、当人に全ての自己管理を求める事は、時として精神的な苦痛を伴う重荷である事もあります。家族だけが、当人の痛みや不安、苦痛を、時に分かってあげられる支援者だという事を念頭に置きましょう。周囲から、あの年齢で家族の支援が必要なのかと陰口が耳に入ってくる事もあるかもしれませんが、「甘やかし」と「支援」は異なります。周囲の人々が、当人が苦手とする分野の手助けをする事は、「甘やかし」ではないという認識をきちんともつ事が重要です。発達障害は分かりにくい障害ですが、支えとなる人が必要な障害であり、家族は、その支援者としての重要な役割を担っています。発達障害と家族の絆は、とても大切なものです。

そもそも、人間の発達、成長において、幼少期から成人期に至るまで、家族の存在というものは大きいものです。その概念をきちんと確立する事で、発達障害をもつ子どもにとって、家族の存在が果たす役割の重要さが実感できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です