コンテンツへスキップ

ペアレンツトレーニングとは

「ペアレンツトレーニング」として、発達障害の子どもを抱える親御さんが、専門家からの講習を受講したり、そのような勉強会を受講する動きがあります。この活動の根源は、発達障害の子どもの成長を支える為の家族の支援が、重要な役割であるという事を唱っている事にあります。子どもに対して、親という存在は、必要以上に期待を持ち過ぎたり、平均的な社会性を求めがちですが、発達障害をもつ子どもにとっては、そのような願望は、非常な重荷となってきます。平均的な社会性を願う事は、本来の子どもたちの可能性をそれだけで、妨げてしまう事もあります。子どもと向き合い、彼らが求めているものを、一緒に探すパートナー的な存在が、時として家族としての役割なのかもしれません。家族としての特権は、発達障害の特性を、見極める事のできる時間が十分に取れる事にあります。家族以外の人々が支援できないような、家族パートナーとしての、どのような支援ができるのかを、日常のささいな行動、会話から読み取って行きましょう。定期的な食事会をもち、直接、トークテーマをもって話合いをもつ事も必要かもしれません。

「ペアレンツトレーニング」は、発達障害をもつ子どもを育てる、親御さんたちの迷いや悩み相談の場ともなっています。専門家や、同様の立場で奮闘する親御さんたちの交流の中で、発達障害への知識を得ると共に、息抜きをすることも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です