コンテンツへスキップ

発達障害と性教育

幼少期、青年期、思春期、成人期と、子どもの成長を見守る、両親にとって、その時期、その時期に、様々な家庭内教育のハードルを感じる時があると思います。なんなく、子どもが自力で、飛び越えていける事もあれば、時として両親の手助けを必要とする事もあるでしょう。そのハードルの一つが、「性教育」となるはずです。通常の性教育も、簡単なものではありません。子どもの準備が出来た段階で、タイミングをみつつ、そのような場を設けるのが通常ですが、発達障害の子どもの多くは、感覚や運動面に偏りがみられ、そういった障害から、人との距離を計る事が困難であったり、恋愛感情や、性的な感情に混乱してしまったりする事があります。恋愛に関しては、ほとんどの人が、恋愛バイブルがあったら縋りたいほど、未知の世界として踏み入れるものですが、発達障害をもつ人にとっての恋愛は、時として恐怖や不安に陥ってしまう可能性もあります。人との接触がストレスに感じる人は、恋愛が苦痛に感たり、人との距離が計れない特性をもつ人は、罪悪感がなく相手に触れてしまったり、極端な行動を示してしまいがちです。性に関する教育は、思春期を迎える子どもに関して、大きな課題となります。恋愛や性に興味を持ちはじめる事は、自然な感情なのだという事を伝えるとともに、社会性の秩序の中で、恋愛感情を育むというベクトルを示してあげる事が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です