コンテンツへスキップ

発達障害と地域的援助

発達障害をもった子どもが、学校生活や、地域社会に溶け込む事は、時として困難となることもあります。子どもが社会生活を送って行く中で、出逢う人々の多くは、発達障害について多くを知る人は少ない可能性が高いでしょう。お医者様や、カウンセラーのように、発達障害についての十分な知識をもち、その子の個性や特性についてまで知り得た上で、適切に接してくれる人々は、一握りの人々です。それ以外の人々と、発達障害をもつ子どもが接していく過程で、子どもたちは活動の場を広げるチャンスを得て行きます。日常生活の中で、子どもたちの生活範囲に、常に親の存在が手助けをする事は不可能です。子どもが生活を送る生活圏の中に、キーパーソンとして頼れる人々をみつけ、発達障害の事を理解してもらう為に、説明を行うことは重要な事です。

地域の人々に、子どもの発達障害について、知ってもらう事は重要ですが、近隣住人の全ての人々に、お知らせする必要はないと考えます。発達障害という障害の為、時として、子どもの振る舞いで、皆さんを驚かせてしまう事があるかもしれませんというご挨拶程度でも十分なケースもあります。発達障害をよく知らない人々には、誤解が生じない程度のお付き合いも、ケースによっては必要です。障害に関する知識をもたない人々が、突然、障害について付き付けられる事で、偏見や差別を生んでしまう可能性も考えられます。子どもの特性について、本当に話せる人々をキーパーソンとしてみつけ、まずは、その人々の力を頼るようにしましょう。

学校生活における他児の親御さんについても同様です。クラスメイトの親御さん全員に、発達障害についての理解を求める必要はありません。時として、そのような発達障害をもつ子どもがクラスに在籍することを良としない親御さんがいる可能性もあります。まずは、担任の先生とのコミュニケーションを計り、そこから、周囲への理解を広げていける必要があるかどうか検討していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です