コンテンツへスキップ

発達障害「LD」のこどもたち

「発達障害」における「LD(言語障害)」をもつ子どもたちは、身体の機能に問題はみられないのですが、運動面においての問題を抱えているケースがあるようです。小学校などの、体育の授業で行われる、スキップ、鉄棒、なわとび、跳び箱などの運動が苦手な事が多いようです。スキップ、鉄棒、なわとび、跳び箱の運動は、「協調運動」などと呼ばれ、はさみを使ったり、お裁縫をしたり、洋服のボタンを閉めたりする事も、「協調運動」に含まれるのだそうです。彼らにとっては、このような動きが不得意なだけであって、全く出来ない訳ではないのです。ですからこのような「協調運動」に、つまずきをみせる子どもがいましたら、ゆっくり丁寧にその動きを行ってみる事です。この「LD(言語障害)」の障害をもつ子どもたちは、教育機関などでは「知的障害」と、間違えられる事もありますが、「知的障害」をもつ子どもたちは、生活全般的な発達の遅れがみられますが、「LD(言語障害)」の子どもたちは、ある部分には発達の遅れが見受けられますが、他の箇所には遅れがみられないなど、まばらな「障害」がみられるのが特徴です。「LD(言語障害)」の子どもたちは、学習や運動ができないのではなく、集団生活の中などで比較すると、周囲の子どもたちと同様の方法では学ぶ事が出来ないだけで、時間を取り、ゆっくりと丁寧に学んだりする事で、独自の学びのやり方をあみだし、学習内容に理解を示す事があります。「LD(言語障害)」の子どもの男女比としては、どちらかというと男の子の方が多いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です