コンテンツへスキップ

子供に合わせた環境

発達障害と呼ばれる子供達を支援していく上で大切なのは、日常生活を送る環境を子供の特性に合わせていくことと言えるのではないでしょうか。私たち大人にとって「普通」と思われることであっても、子供達にとっては「難しいこと」や「理解できないこと」というのは日常には多く溢れていると考えられるでしょう。具体的に実行されている支援例を挙げるとすると、第一に、子供が一目見て「わかりやすい」ということが挙げられるのではないでしょうか。実際に保育園などでは子供目線で表示関係は統一されていると感じられるのではないでしょうか。表示が大人にしかわからないようなものであった場合、それを見た子供達にとって「わからない」という不安を軽減することができるほか、子供達にとっては大問題と捉えてしまう「失敗」などを未然に防ぐことも期待できるのではないでしょうか。遊具や日常で使う道具類などのお片づけといった点においても、どこに何を片付けるべきかということを見てわかるような表示を工夫することも大切でしょう。衣装ケースなどを用いて整理整頓などをする場合は、中のものを写真に撮って貼っておくなどの工夫が、子供達が考えて片付けられる第一歩となるのではないでしょうか。お手本を示しておくと、それに習った行動が自然と身につけられる他、何よりも子供達の不安を取り除いてあげられるというメリットは得られるでしょう。保育園などでの工夫を見ておき、家でも同じような工夫を取り入れていくことが望ましいのではないでしょうか。子供を叱ってしまう前に、自身にできる工夫を凝らし、子供達が楽しく安心して暮らしていける環境を整えるということが大切なのではないでしょうか。発達障害というものは学習や習慣によって気にならないものとして生活できるようになるものと考えられており、大人が子供と同じ目線で世界を見ていくということがとても大切になってくると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です