コンテンツへスキップ

ワーキングメモリ

会社などで働くと、よく「マニュアル」というものを利用して作業を説明されることがあるのではないでしょうか。しかし、読んでいざ作業に取り掛かっても、全くどう動いていいのかわからないといったことを経験したことはないでしょうか。「マニュアル」というのは、作業の説明が言葉だけで表されたものであり、実質的にそれだけで仕事ができるという人はほとんどいないのではないでしょうか。仕事を覚えていく過程としては「マニュアル」で大きな流れの説明を受け、実際に行動して作業の詳細を知り、覚えていくという流れが必要であると言えるのではないでしょうか。これは子供であっても同じことであり、覚えられる数は大人よりももっと少ないと言えるでしょう。そのため、小さい子であればあるほど、親は丁寧に工程を組み、一つずつ作業の指示を出していく必要があると言えるでしょう。そして、一回流れができたからと言って、次にそれが一人でできるはずがないということも理解しておかなければならないでしょう。ゆっくりと時間をかけ、繰り返し繰り返し行動とともに覚えていく事でやっと「流れ」というものが体に入ってくるのではないでしょうか。こう言ったことを考えると、発達障害を抱えていてもなくても、根気よくじっくりと覚えていくことが重要であることがわかるでしょう。子ども一人ひとりの好き嫌いなどに沿って、うまくシールなどを取り入れていくのも良い工夫と言えるでしょう。最初はサポートをしっかり行いつつ、少しずつ手を出す数を減らしていくのも同様のトレーニングと言えるでしょう。子供はいつだって一生懸命と言えるでしょう。大人も成長を見逃すことなく一生懸命にサポートしていけることが望ましいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です