コンテンツへスキップ

ジョブコーチと発達障害

発達障害などの特性を、企業側に告知した上で、就職が決まったような場合は、就職先に本人のサポートを行うための、「支援者」を派遣する仕組みを持った企業もあるようです。サポート役として派遣される支援者のことを「ジョブコーチ」などと呼ぶようですが、障害を持った人々が企業でスムーズに働けるように、企業と障害者たちの橋渡し役として、様々な支援を行ってくれるようです。障害を持つ人々が、職場で「支援者」を得ることは、本人たちにとっても、大変ありがたいことですが、同時に、同じ職場で働く人々にとっても、大切な「支援者」となるでしょう。発達障害などを持つ人々の「特性」は、場合によっては、周囲の人々からは、大変分かりづらいこともあり、困っている障害者を助けたいと思っても周囲の人々は、どんなことを支援すれば良いのかがわからないことなどもあるようです。どんなことが苦手で、どんな時に助けを得ることで、本人たちにとって仕事がしやすくなるのかといったような助言も、ジョブコーチによりスムーズに、伝えることができることもあるようです。このような支援やサポートが行われるのは、障害を持つ人々が、就職を行ってから、半年ほどなどとも言われていますが、実際の現場では、本人たちの希望に沿った形で、支援を継続的に行ってていくようなジョブコーチなどもいるようで。すべては企業側との話し合いの中で、行われていくことですから、就職を考える上でも、企業側の考えをきちんと確認しておくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です