コンテンツへスキップ

「発達障害と就労」環境とのマッチング

発達障害を持つ子どもたちが、学校生活の中で、進路を考えることは、将来的なビジョンを描く中で、大変重要なことでもあります。子供達にとって、進路を考えることは、発達障害などの「特性」が、あってもなくても、大変、重みのあることです。発達障害を持つ子供達にとって、自分の能力や、適性を客観的に判断する中での、将来を見据えることは、場合によっては、周囲の支援やサポートが必要となってくるでしょう。自分自身の特性をきちんと理解した上で、職種や、職業の適性を見いだすことが大切です。また、本人の希望や気持ちも、そこに伴わなくてはなりません。学校生活の中で、今後の将来的な展望を、家族の中で話し合っておくことも大切でしょう。発達障害を持つ子どもたちの「特性」などと呼ばれる、「こだわりの行動」や「風変わりな行動」が、社会生活の中では、うまく馴染めなかったり、受け入れられないケースもあります。そのような事柄も踏まえながら、進学先や就職先を見据えていくことが、何よりも大切であります。発達障害を持つ子供たちの進路を考える中で、サポートを行う周囲の見守り隊として、彼らの自尊心や気持ちを傷つけたり、蔑ろにしてしまうようなことは避けましょう。子供達の気持ちや、意思を尊重しながら、現実的な進路を選択していくことが何よりも大切であります。最近は、婚活や出会い系サイトなどでも使われるマッチングというワードですが、発達障害を持つ子供たちの「特性」と職場環境や進学先の生活環境が、マッチングすることが、何よりも大切です。人間の相性があるように、人々と環境の相性もあります。そのようなマッチングを見極めることも、発達障害をもつ子どもたちを、サポートする人々に求められてくる支援の形であるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です