コンテンツへスキップ

感覚の過敏・鈍感

普段の生活の中で、私たちは外界からの様々な刺激を受けています。特に意識はしていなくても、例えば自動車や電車の騒音・室内の空調の音・日の光・服の感触・部屋の匂いなどその刺激は多種多様だと言えます。刺激とは言っても、ある程度のものは当たり前として気にせず生活が出来ます。それに最初は抵抗があっても、おおかたは慣れていき、日常生活に支障はなくなるのではないでしょうか。ところが発達障害のある子ども達にとっては、こうした刺激に対する感覚が極端に敏感であったり、反対に鈍感であったりする事があります。いずれも、外界からの刺激を上手に受け止める事が出来ず、日常生活をする上で支障をきたしてしまう可能性があるのです。ですので、原因不明の強い拒否や抵抗がみられる場合には、何らかの感覚の問題が起きており、不快感を必死に訴えてはいないかチェックしてみる必要があると言えるでしょう。この感覚に対する問題は、生理的なものです。慣れや訓練では解決できないものである事を念頭においておく必要もあるでしょう。問題となる感覚をなくす事はできません。日常生活に支障をきたすような感覚の偏りがある場合はそれを周囲の大人が理解し、環境の調整をしていく事で生活しやすいように改善していく事が大事です。1つ例を挙げてみましょう。2歳のN君、外で遊ぶのが好きな子です。ただ、お母さんや友達とご機嫌に遊んでいたかと思うと、急に泣き出したりお母さんに噛みつくなどの行動がみられました。この場合、原因となっているのは何かを考えると思います。「友達と上手くやり取りが出来なかったのかな?」など推測すると思います。でも近くに友達がいなくても同じように泣いたり、お母さんにしがみついたり。このように原因不明だった場合に、何か感覚的な刺激による不快感を感じている可能性もあるわけです。このN君の場合、よく観察してみると、N君が遊べなくなった後に必ず飛行機が飛んでいる事を発見したのです。N君は特定の音に対して過敏だったのです。こういったケースはしばしばあります。このような状況に遭遇した際は、周りの様子、子どもの様子を観察してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です