コンテンツへスキップ

子供たちの学習障害

子供の「発達障害」などにみられる学習障害は、「LD」などとも言われていますが、幼少期などの早期の発見から、適切な支援やサポートを行うことで、学習障害は改善できるようなことも言われています。「学習困難」や「読み書き障害」などと呼ばれる学習障害は、その「特性」として、知的発達には遅れがみられないにも関わらず、聞く・話す・読む・書く・計算する・推論するなどといった、基礎的な学習能力に顕著な 遅れや困難が見られるようです。学習障害の原因としては、脳機能の一部などに何かしらの障害などがあると言われています。自身の子供に、学習障害がみられると自分自身の育て方や教育室経営などに関して、問題があったのではないかなどと考えてしまう親御さんもいらっしゃるようですが、学習障害は、そのような事柄が原因となっているのではなく、脳の機能障害であることが多くの研究者などが述べていることから、正しいサポートや支援を行うことが、何よりも大切であります。子供たちの「学習障害」を 診断するのは、学校期間などの教育機関ではなく、病院などの医師による診断が必要となってきます。昨今では、「発達障害」に関する認知が広まっている中で、教育現場で、実際に学習の遅れが明らかに目立つ子供達について、教育現場の指導的立場の人々が、積極的に「学習障害」などの認識を持つことも普及しているようです。実際には、同年代の子供たちであっても、言葉の発達や学習能力のスピードや段階には、個人差がありますから、医師の診断を受けていないとしても、教育的な定義の中で、学習障害や学習困難がみられるといったような判断が、自主的にとられるようなこともあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です