コンテンツへスキップ

子供たちの発達障害の現われ

発達障害の「特性」と呼ばれている様々な行動は、およそ3歳前後には、目に見えて確認できるようになるなどと言われていますが、一般的には2歳前後になると、会話を始める子たちがいますので、言葉に対する反応やその言語の遅れ具合などから、発達障害の兆候を読み取れることもあるようです。●独り言が多い●言葉を覚えようとしない●会話のやり取りができない●オウム返しをする●感情が読み取れない●おもちゃの好みに偏りが強い●言葉を話さない●要求を言葉ではなく身振り手振りで説明しようとする●言葉の意味が理解できない 2歳前後になると、名前を呼ぶと振り向いたり反応したりするものですが、発達障害がみられるような子供達は自分達の名前に反応しないといったような行動をとる子達もいるようです。また自分たちの要求を一般的には、言葉で説明しながら親御さん達に伝えるようになる時期ですが、言葉を使わずに、親御さんの洋服や、バッグなどを引っ張って、自分の要求するものの場所まで連れて行ったり、自分の要求が通らないとその場で、かんしゃくを起こすように、駄々をこねたりすることが見受けられることもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です