コンテンツへスキップ

発達障害の長所を知ろう

実際に、子供たちが、発達障害であるといったような診断を受けた場合、絶望的な思いを抱いてしまうご両親も少なくないのではないでしょうか。ですが、「発達障害」とは、人との違いであり、問題を抱えているわけではありませんので、そのようなことを踏まえながら、子供たちを社会的に自立できるように、彼らの能力を伸ばしてあげることが、何よりも大切です。発達障害を持つ子供達にとっては、社会生活の中で、自立していくことは、簡単なことではないかもしれませんが、不可能なことではないのです。ですから、彼らが持っている優れた能力を、見極め、その優れた部分を活かしながら、自立していく術を見つけてあげれば良いのです。またご両親の中には、子供たちが発達障害であるということを、周囲に知られたくないということもあるかもしれませんが、現実的には、子供達自身が、自分の発達障害と向き合っていかなくてはならないのですから、発達障害の良い面や、優れた面などの長所を何よりも子どもたちに伝えられるよな、ご両親であるべきではないでしょうか。発達障害を持っている子供たちの中には、ある分野において飛び抜けた優れた才能を発揮する事もあるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です