コンテンツへスキップ

実際に、子供たちが、発達障害であるといったような診断を受けた場合、絶望的な思いを抱いてしまうご両親も少なくないのではないでしょうか。ですが、「発達障害」とは、人との違いであり、問題を抱えているわけではありませんので、そのようなことを踏まえながら、子供たちを社会的に自立できるように、彼らの能力を伸ばしてあげることが、何よりも大切です。発達障害を持つ子供達にとっては、社会生活の中で、自立していくことは、簡単なことではないかもしれませんが、不可能なことではないのです。ですから、彼らが持っている優れた能力を、見極め、その優れた部分を活かしながら、自立していく術を見つけてあげれば良いのです。またご両親の中には、子供たちが発達障害であるということを、周囲に知られたくないということもあるかもしれませんが、現実的には、子供達自身が、自分の発達障害と向き合っていかなくてはならないのですから、発達障害の良い面や、優れた面などの長所を何よりも子どもたちに伝えられるよな、ご両親であるべきではないでしょうか。発達障害を持っている子供たちの中には、ある分野において飛び抜けた優れた才能を発揮する事もあるのですから。

発達障害の「特性」と呼ばれている様々な行動は、およそ3歳前後には、目に見えて確認できるようになるなどと言われていますが、一般的には2歳前後になると、会話を始める子たちがいますので、言葉に対する反応やその言語の遅れ具合などから、発達障害の兆候を読み取れることもあるようです。●独り言が多い●言葉を覚えようとしない●会話のやり取りができない●オウム返しをする●感情が読み取れない●おもちゃの好みに偏りが強い●言葉を話さない●要求を言葉ではなく身振り手振りで説明しようとする●言葉の意味が理解できない 2歳前後になると、名前を呼ぶと振り向いたり反応したりするものですが、発達障害がみられるような子供達は自分達の名前に反応しないといったような行動をとる子達もいるようです。また自分たちの要求を一般的には、言葉で説明しながら親御さん達に伝えるようになる時期ですが、言葉を使わずに、親御さんの洋服や、バッグなどを引っ張って、自分の要求するものの場所まで連れて行ったり、自分の要求が通らないとその場で、かんしゃくを起こすように、駄々をこねたりすることが見受けられることもあるようです。

子供の「発達障害」などにみられる学習障害は、「LD」などとも言われていますが、幼少期などの早期の発見から、適切な支援やサポートを行うことで、学習障害は改善できるようなことも言われています。「学習困難」や「読み書き障害」などと呼ばれる学習障害は、その「特性」として、知的発達には遅れがみられないにも関わらず、聞く・話す・読む・書く・計算する・推論するなどといった、基礎的な学習能力に顕著な 遅れや困難が見られるようです。学習障害の原因としては、脳機能の一部などに何かしらの障害などがあると言われています。自身の子供に、学習障害がみられると自分自身の育て方や教育室経営などに関して、問題があったのではないかなどと考えてしまう親御さんもいらっしゃるようですが、学習障害は、そのような事柄が原因となっているのではなく、脳の機能障害であることが多くの研究者などが述べていることから、正しいサポートや支援を行うことが、何よりも大切であります。子供たちの「学習障害」を 診断するのは、学校期間などの教育機関ではなく、病院などの医師による診断が必要となってきます。昨今では、「発達障害」に関する認知が広まっている中で、教育現場で、実際に学習の遅れが明らかに目立つ子供達について、教育現場の指導的立場の人々が、積極的に「学習障害」などの認識を持つことも普及しているようです。実際には、同年代の子供たちであっても、言葉の発達や学習能力のスピードや段階には、個人差がありますから、医師の診断を受けていないとしても、教育的な定義の中で、学習障害や学習困難がみられるといったような判断が、自主的にとられるようなこともあるようです。

T君は5歳の男の子。色んな事に対して関心を持ち、疑問が生じるとお母さんや傍にいる人に質問をします。お母さんはそんなT君を「好奇心の旺盛な活発な子」と内心喜んでいます。そんなある日の事、入院中のおじいちゃんのもとをお見舞いに訪れました。病室に入ると、さっそくいつもの質問が飛び出しました。点滴をしてベッドで横になっているおじいちゃんを見てT君は「死んじゃうの?」と大声で言いました。お母さんはもう真っ青。慌てて「静かに!」と制止します。しかしT君の疑問は止まりません。「こんな管つけて、息してるの?」と続けます。お母さんは慌ててT君の手を引き病室を出ました。T君からすれば、事実に基づいた純粋な疑問から出た行動です。おじいちゃん本人を目の前にしていなければ、お母さんも慌てずにT君とやり取りをした場面でしょう。ただし常識的には、病院という場で、そして本人の前で生死の話はタブーですよね。周りの人も深刻になっている時や、いつもと違う状況では、いくら幼児でもいつもと違う雰囲気に気づいて周りの様子を見ます。ところが発達障害のある子どもは、こういった状況や雰囲気などの直接目に見えない暗黙のルールの理解が苦手です。いつもと違う状況・雰囲気を察知する事が出来なくて、感じた事をすぐに口にしてしまいます。勿論、誰かを傷つけたいわけでも、悪気があるわけでもありません。とはいえ、子どもの言動は時と場合によっては、親のしつけの問題と見られたり、親自身が言っているのではないかと勘繰られたりすることもあると思います。でもそうではありません。子ども自身が見て思った事を素直に口にした事です。ここで重要なのは、「子ども自身が見た事について、感じてはいけないという事ではなく、感じた事の表現の仕方に問題がある」という事です。

普段の生活の中で、私たちは外界からの様々な刺激を受けています。特に意識はしていなくても、例えば自動車や電車の騒音・室内の空調の音・日の光・服の感触・部屋の匂いなどその刺激は多種多様だと言えます。刺激とは言っても、ある程度のものは当たり前として気にせず生活が出来ます。それに最初は抵抗があっても、おおかたは慣れていき、日常生活に支障はなくなるのではないでしょうか。ところが発達障害のある子ども達にとっては、こうした刺激に対する感覚が極端に敏感であったり、反対に鈍感であったりする事があります。いずれも、外界からの刺激を上手に受け止める事が出来ず、日常生活をする上で支障をきたしてしまう可能性があるのです。ですので、原因不明の強い拒否や抵抗がみられる場合には、何らかの感覚の問題が起きており、不快感を必死に訴えてはいないかチェックしてみる必要があると言えるでしょう。この感覚に対する問題は、生理的なものです。慣れや訓練では解決できないものである事を念頭においておく必要もあるでしょう。問題となる感覚をなくす事はできません。日常生活に支障をきたすような感覚の偏りがある場合はそれを周囲の大人が理解し、環境の調整をしていく事で生活しやすいように改善していく事が大事です。1つ例を挙げてみましょう。2歳のN君、外で遊ぶのが好きな子です。ただ、お母さんや友達とご機嫌に遊んでいたかと思うと、急に泣き出したりお母さんに噛みつくなどの行動がみられました。この場合、原因となっているのは何かを考えると思います。「友達と上手くやり取りが出来なかったのかな?」など推測すると思います。でも近くに友達がいなくても同じように泣いたり、お母さんにしがみついたり。このように原因不明だった場合に、何か感覚的な刺激による不快感を感じている可能性もあるわけです。このN君の場合、よく観察してみると、N君が遊べなくなった後に必ず飛行機が飛んでいる事を発見したのです。N君は特定の音に対して過敏だったのです。こういったケースはしばしばあります。このような状況に遭遇した際は、周りの様子、子どもの様子を観察してみてください。

発達障害を持つ子どもたちが、学校生活の中で、進路を考えることは、将来的なビジョンを描く中で、大変重要なことでもあります。子供達にとって、進路を考えることは、発達障害などの「特性」が、あってもなくても、大変、重みのあることです。発達障害を持つ子供達にとって、自分の能力や、適性を客観的に判断する中での、将来を見据えることは、場合によっては、周囲の支援やサポートが必要となってくるでしょう。自分自身の特性をきちんと理解した上で、職種や、職業の適性を見いだすことが大切です。また、本人の希望や気持ちも、そこに伴わなくてはなりません。学校生活の中で、今後の将来的な展望を、家族の中で話し合っておくことも大切でしょう。発達障害を持つ子どもたちの「特性」などと呼ばれる、「こだわりの行動」や「風変わりな行動」が、社会生活の中では、うまく馴染めなかったり、受け入れられないケースもあります。そのような事柄も踏まえながら、進学先や就職先を見据えていくことが、何よりも大切であります。発達障害を持つ子供たちの進路を考える中で、サポートを行う周囲の見守り隊として、彼らの自尊心や気持ちを傷つけたり、蔑ろにしてしまうようなことは避けましょう。子供達の気持ちや、意思を尊重しながら、現実的な進路を選択していくことが何よりも大切であります。最近は、婚活や出会い系サイトなどでも使われるマッチングというワードですが、発達障害を持つ子供たちの「特性」と職場環境や進学先の生活環境が、マッチングすることが、何よりも大切です。人間の相性があるように、人々と環境の相性もあります。そのようなマッチングを見極めることも、発達障害をもつ子どもたちを、サポートする人々に求められてくる支援の形であるでしょう。

子供達に発達障害があるのではないか、などといった心配や、懸念が募る、ご両親達は、様々な支援を必要とされているのではないでしょうか。発達障害を持つ子どもたちのサポートを家族だけで完結させようなどという考えは、本人にとっても、家族にとっても多くの負担を抱え込んでしまうことになりかねません。出来る限り、多くの情報を集め、様々な公的機関などのサポートを受けることが望ましいとされています。各市町村などにある児童相談所や、保健所保健センターなどに、相談窓口が設けられていることが、ほとんどですので、様々な公的機関の専門家などの意見や、アドバイスを受けることも大変重要なことであります。また、そのような専門家との連携の他に、専門的な医療機関での診察や指導を受けることも重要であります。子供が、発達障害を持っているということは、なかなか公にしたくないという家族の気持ちもあるかもしれませんが、子供たちが成長とともに、社会の中で、特性と共に順応して行かなくてはならないということを考えますと、できる限り多くのサポートや支援情報を得ておきたいものです。

発達障害などの特性を、企業側に告知した上で、就職が決まったような場合は、就職先に本人のサポートを行うための、「支援者」を派遣する仕組みを持った企業もあるようです。サポート役として派遣される支援者のことを「ジョブコーチ」などと呼ぶようですが、障害を持った人々が企業でスムーズに働けるように、企業と障害者たちの橋渡し役として、様々な支援を行ってくれるようです。障害を持つ人々が、職場で「支援者」を得ることは、本人たちにとっても、大変ありがたいことですが、同時に、同じ職場で働く人々にとっても、大切な「支援者」となるでしょう。発達障害などを持つ人々の「特性」は、場合によっては、周囲の人々からは、大変分かりづらいこともあり、困っている障害者を助けたいと思っても周囲の人々は、どんなことを支援すれば良いのかがわからないことなどもあるようです。どんなことが苦手で、どんな時に助けを得ることで、本人たちにとって仕事がしやすくなるのかといったような助言も、ジョブコーチによりスムーズに、伝えることができることもあるようです。このような支援やサポートが行われるのは、障害を持つ人々が、就職を行ってから、半年ほどなどとも言われていますが、実際の現場では、本人たちの希望に沿った形で、支援を継続的に行ってていくようなジョブコーチなどもいるようで。すべては企業側との話し合いの中で、行われていくことですから、就職を考える上でも、企業側の考えをきちんと確認しておくことも大切です。

幼児期の子どもというのは、活動範囲が広がっていき、自己主張がはっきりとしてくる頃です。その為、周りの大人たちとのかかわり方・付き合い方が重要になってい来る時期であるとも言えるでしょう。加えて、本来は探求心旺盛で自由な発想の中で、試行錯誤をしながら、人との関係や物の使い方を学んでいきます。でも、時に危険な場面もあるでしょう。思わぬケガや事故に巻き込まれないように注意して大人が注意して接する必要があります。とはいえ、眠い・お腹がすいた・疲れた等、生理的コンディションによって大きく左右されます。いつもはできる事でも、状態によってはできなくなるという事もあるのです。また、子どもは生理的な不快感を上自分自身の感情として手く言葉にする事が出来ません。なので、時に泣いたり不機嫌になったりすることで不快な感情を表現しようとしています。それでも、周りの大人はこういった子どもの状態から、言動の理由を推測して、共感し、子どもの不快感し対応する事ができます。そして、その子にとって分かりやすく無理のない方法で、大人がしてほしいと思う行動を子どもに促していくのです。このように、子どもの言動の理由が予測出来たら「子育ては大変」とは思ったとしても「かかわりにくいな」とまでは感じないでしょう。じゃあ、一体どういう時に「子どもと上手く関われない!」と感じるのしょうか。それは、子どもの出来る事と出来ない事の差が極端にある時・子どもも大人も感情的になってしまって収集がつかない時・大人自身の経験が役に立たない時などではないでしょうか。

会社などで働くと、よく「マニュアル」というものを利用して作業を説明されることがあるのではないでしょうか。しかし、読んでいざ作業に取り掛かっても、全くどう動いていいのかわからないといったことを経験したことはないでしょうか。「マニュアル」というのは、作業の説明が言葉だけで表されたものであり、実質的にそれだけで仕事ができるという人はほとんどいないのではないでしょうか。仕事を覚えていく過程としては「マニュアル」で大きな流れの説明を受け、実際に行動して作業の詳細を知り、覚えていくという流れが必要であると言えるのではないでしょうか。これは子供であっても同じことであり、覚えられる数は大人よりももっと少ないと言えるでしょう。そのため、小さい子であればあるほど、親は丁寧に工程を組み、一つずつ作業の指示を出していく必要があると言えるでしょう。そして、一回流れができたからと言って、次にそれが一人でできるはずがないということも理解しておかなければならないでしょう。ゆっくりと時間をかけ、繰り返し繰り返し行動とともに覚えていく事でやっと「流れ」というものが体に入ってくるのではないでしょうか。こう言ったことを考えると、発達障害を抱えていてもなくても、根気よくじっくりと覚えていくことが重要であることがわかるでしょう。子ども一人ひとりの好き嫌いなどに沿って、うまくシールなどを取り入れていくのも良い工夫と言えるでしょう。最初はサポートをしっかり行いつつ、少しずつ手を出す数を減らしていくのも同様のトレーニングと言えるでしょう。子供はいつだって一生懸命と言えるでしょう。大人も成長を見逃すことなく一生懸命にサポートしていけることが望ましいのではないでしょうか。