コンテンツへスキップ

睡眠時無呼吸症候群の治療をおこなう際には、スリープスプリントと呼ばれるマウスピースを使います。しかし全ての方に合うわけではありません。この文章では、スリープスプリントが合う方と合わない方について解説していきます。

そもそもスリープスプリントとは、就寝中に舌を持ち上げることにより気道が広げられ、楽に呼吸ができるようになるというマウスピースです。持ち運びしやすいほどに小さく、旅行先で使うこともできます。保険適用で作るためには、医療機関による睡眠時無呼吸症候群の診断書が必要になるため、注意が必要です。

スリープスプリントが向いている方は、歯がたくさんあり、マウスピースを支えることができる、顎関節に全く問題が無いなどの条件を満たした方です。

逆に向いていない方は、歯が少なく抑えることが難しい方や、鼻が詰まっていて鼻呼吸ができない方や、顎関節に問題がある方や、寝ている間にマウスピースが付いていることが我慢できない神経質な方などです。
自分に合った治療方法を選びましょう。

虫歯を放置しておくと、内側に向かってどんどん進行していき、冷たいものや甘いものを食べると、非常にしみることがあります。このような場合、歯の神経を抜くことがあるのですが、なぜ神経を抜くのでしょうか。それは、大事な歯の神経を抜かなければならない理由があるからです。
虫歯が進行し、神経に到達してしまった場合、ズキズキという激痛が延々と続くことになります。それをなくすためには、神経を抜くしかありません。また、虫歯に侵された神経は、そのうち死んでしまうため、そのまま放っておくと、顎の骨の方に膿が溜まってしまうことがあります。そうなると、より大規模な手術が必要になる場合があります。つまり、歯の神経を取り除くことは、その後の人生をできるだけ楽で快適なものにするための処置なのです。
歯の神経を正確に取り除くためには、マイクロスコープで患部を詳細に見ながら作業することが有効です。そのような緻密な治療により、自分の歯を大切にし、虫歯の再感染を防ぐことで、快適な生活を送ることができます。

妊娠中に妊婦歯科検診を受けるように指導されたことがある人は多いはずです。なぜ、わざわざ歯科検診を受ける必要があるのだろうかと疑問に思うかもしれませんが、これを実施しておくことは非常に重要です。妊娠中は口腔内環境が悪くなりがちだと言えます。妊婦歯科検診を受けておくことで早めにトラブルに気づけるようになり、口腔内の環境を改善することが可能です。また、産後は自由に歯医者に行くことが難しくなりがちだと言えます。悪阻がおさまった5か月以降を目安に受診しておけば、出産後に歯のトラブルで困ってしまうリスクを減らすことができるでしょう。自覚がない場合でも問題が見つかることがあるので、きちんと受診することが大切です。

虫歯治療をすることでその進行を和らげることができるほか、痛みを止めることができるので、虫歯ができたら治療をすればいいと思っている人が少なくありません。そのため日ごろの予防に対する注意がおろそかになりがちですが、虫歯は再発するとそれだけ治療が難しくなるほか、歯をより深く傷つけてしまうことになるので注意が必要です。
虫歯が再発する原因は様々なものがあり、治療の際に十分な予防策を行っていなかったり、もしくは適切な治療を完了していないと言うことが挙げられます。痛みがなくなったから良いと感じている人も多いものですが、このままで放置するとさらに状況が悪くなり、最後にはその歯を抜かなければならなくなってしまうことになりかねません。虫歯は早期に治療を行い、またその予防策も十分に考慮することが大切です。

歯磨きは人間にとって欠かすことのできないものです。毎日食事のたびに歯を使うので、汚れは甚だしくきちんと磨かなければ虫歯や歯周病になってしまうんです。また歯磨きは審美性を高めるためにも行われます。きれいにやにや黒ずみを取り除き、白い歯に仕上げるために磨くんです。ホワイトニング効果の高い歯磨き粉などもたくさん販売され、毎日磨くだけで白く輝く歯をキープできます。特に海外の歯磨き粉はホワイトニング効果が高く人気です。ただし注意点があるんです。海外製の物は日本では許可されていない酸化水素や過酸化尿素といった成分が使われてます。人によっては健康被害の懸念もあるんです。さらにフッ素なども高濃度縫に配合されているので、使う時はこれらに注意しなければいけません。

人間に取って歯磨きは、毎日欠かすことができません。プラークや歯石が蓄積しては、虫歯リスクを高めてしまうからです。毎朝、寝る前、食後に必ず歯磨きをする習慣を身に着けることが大事です。歯磨きに用いる歯ブラシの比較検討も重要です。

隅々まで磨き残しをしたくなければ、ヘッドの小さな小回りの利くものを選択する必要があります。歯の間のゴミも残りやすいので歯間ブラシを併用するとよいです。また電動歯ブラシなども小刻みに動き、磨き残しを少なくするので良いといえるでしょう。

レーザー照射しながら磨けるものもあります。さらには、なかやま歯科などで歯科衛生士による本格的なブラッシング指導を受けることも、非常に有効だといえます。

「誤嚥(ごえん)」の予防としては、毎日のご自宅での口腔ケアや歯科などでの専門的な定期検診を心がけることが大切です。

実際には、高齢者に多い「誤嚥性肺炎」などとも言われておりますが、食べ物をきちんと「咀嚼」し飲み込む力というのは、40代あたりから低下しているなどとも言われております。なんだか最近、パサパサとした乾いた食べ物を飲み込みずらく感じる、粘り気の強い食べ物などが食べづらい、飲み物がうまく喉を通らなくなったなどといったような、お食事中に何らかの違和感を感じていらっしゃる方は、「飲み込む力」や「咀嚼力」の低下を疑ってみましょう。そして気になった場合は、すぐに病院へ行って、検診を受けることをおススメします。

丁寧な歯磨きを心掛けているけれど、口臭がひどいので悩んでいる人が少なくありません。

口臭が強すぎる場合は歯周病や虫歯などの疾患、舌苔などの可能性があります。

歯科医院では3か月に1回程度の定期検診を推奨しているので、まずは通院をしてみると良いでしょう。

歯科衛生士が歯周ポケットの深さを測定したり、虫歯などの疾患、舌苔などが付いていないかチェックをしてくれます。

歯石や歯垢などが溜まっている場合は、排膿などが原因で口臭が強くなることが多いです。

歯科医院では専用の医療機器を使って、歯石や歯垢などの除去を行ったり、歯磨き剤を使ってブラッシングをしてくれます。

歯科医院では深い部分の歯垢や歯石なども除去できるので、口臭を防ぐことが可能です。

虫歯はもちろん美しい歯を手に入れるために欠かせないのが歯科であり、現在では数多くのクリニックが存在しています。日本人は歯に関する美意識が低いと言われていますが、近年では美しく白く並びが良い歯に憧れを持つ人も増えており、クリニックでも審美歯科やホワイトニングといった歯の美しさに関するメニューはかなり多くなりました。数多くあるクリニックの中でどこを選ぶのかにより、料金やサービス内容、納得できる仕上がりになるのかには違いがあるのでしっかり比較して選ぶことが大切です。特に健康保険が適用されないメニューに関しては、クリニックにより料金の違いがかなり大きくなっているので、複数に相談したり見積もりを取ってから判断するようにしましょう。

離乳食がはじまるころになると心配になるのが、両親が使用した食器やスプーンなどで、赤ちゃんに食事を与えても良いのかどうかといった疑問がわく新米ママさんパパさんも多いのではないのでしょうか。生まれたての赤ん坊のお口のなかは無菌状態であると言われておりますので、成長とともにお口のなかの常在細菌が定着していくようです。お母さんやお父さんが使った食器やスプーンで、赤ちゃんに離乳食を与える際には、まずは親の口内環境を衛生的に保つことが重要であるとさ、使用する際の食器などの衛生管理も適切に行われることが求められてくるようです。新米ママさんパパさんの不安は、赤ちゃんにも伝わるでしょうから、子どもたちの口腔衛生などの心配事や疑問点は専門歯科医などでの相談で解消していきましょう。